インタビュー

2014.05.30. UPDATE

NTTドコモ

Company Profile

「新しいコミュニケーション文化の世界の創造」という理念の実現に向け、「 Xi 」(クロッシィ)サ ービスなどの携帯電話事業を軸とした通信サービスを、世界各国で提供している

約6300万人という圧倒的な影響力と
“新しい”を追求し続けるチャレンジ精神

柳澤友紀さん

人事部
人事採用担当 課長

柳澤友紀さん

大学を卒業後、黒電話→ポケットベル→携帯電話…時代とともに移り変わるコミュニケーションのあり方に興味を感じ、新卒でNTTドコモに技術職として入社。企画・技術・経営企画を経て、現在は人事部で採用と育成を担当している。

約6300万人の顧客、国内携帯電話契約数は国内トップシェアとなる約4割を占める、国内モバイル通信キャリアのリーディングカンパニーであるNTTドコモ。携帯電話が普及し始めた黎明期から市場の拡大を担い、「iモード」「おサイフケータイ」など、画期的なサービスをリリースしてきた。『新しいコミュニケーション文化の世界の創造』という理念の実現に向け、コミュニケーションのあり方を変え続けてきた同社は今、新たなビジネス領域での新サービス開発に注力していると、人事部の柳澤友紀さんは語る。
「培ってきたネットワークとノウハウを生かし、農業、医療、交通など、生活に密着した分野での事業展開を加速させ、スマートライフの実現に取り組んでいます」
その一例が、医療分野での健康管理サービス『カラダのキモチ』のリリースだ。従来の健康管理の概念を覆したこのアプリは、リリース後わずか3カ月で20万契約を超える実績を残した。この事例に代表されるように、常にサービスの変革を続けている同社の根底には、脈々と受け継がれてきた一つの価値観があるという。
「娯楽という一過性のもので終わらせず、生活に根付くサービスを作り出すこと。それこそが目指す変革であり、業界をリードし続けてきた当社の、社会インフラを支えるという責任と使命です」
同社に根付く、生活スタイルそのものを変えていくという想いと、手探りでもまずは試してみるというチャレンジ精神が、他社とは一線を画すサービスを次々と打ち出す原動力になっている。

ドコモの進化に不可欠な
戦略構想力というスキル

「将来に向け、今当社が注力しているのが、次代のドコモをけん引し、常に挑戦し続けられるリーダーの育成です。特に、市場の将来性を見極め、戦略を策定する戦略構想力の醸成を重視しています」
同社では育成の一環として、戦略構想力のベースとなる、多角的な視点、グローバル化する時代への対応力などを身に付けるためのユニークな研修を整備。さらに、キャリアの選択肢の多さも成長の促進に繋がっている。
「多岐にわたる事業により、豊富なポジションが用意でき、適性に合わせた多彩なキャリアパスを描けるのが、当社のアドバンテージ。専門性の追求以外にも、さまざまな経験を積み、ゼネラリストとして活躍する道があります」
今もなお進化を続ける同社で、仕事を通じて感じられるやりがいを、柳澤さんは次のように語る。
「チャレンジングなカルチャーと、確かなビジネス基盤を有する当社だからこそ、膨大な数のユーザーに影響を与える新サービスを生み出せることがやりがいです。学生でも、サービス企画を体験し、当社のカルチャーに触れられる機会を用意していますので、未来を創造するダイナミズムを、実際に感じて欲しいですね」

※本内容は2014年時点のものです

当社で磨けるプロフェッショナルスキル

プロフェッショナルの条件って何?

多様化するニーズを的確に把握し、多角的な視点で物事を捉えられるスキルをベースに、自分と社会を変革し続けるマインド、行動力を持っていることです

この仕事にはどんなスキルが必要?

将来性を見極め、的確な戦略を策定する力である戦略構想力が必要です。もちろん、そのスキルを得るための研修やチャレンジできる風土など、環境面は整えています

当社で磨けるプロフェッショナルスキル

アイデアや技術を持つベンチャー企業との連携強化、起業家の支援を行うドコモ・イノベーションビレッジ

記事一覧へ戻る

ピックアップ企業

・このページをシェアする

LINEで送る
googleplus
PAGE TOP