インタビュー

2014.06.06. UPDATE

ドイツ銀行グループ

Company Profile

ドイツ証券株式会社、ドイツ銀行東京支店、ドイチェ・アセット・マネジメント株式会社、ドイチェ信託株式会社の主要4法人を通じて幅広い金融サービスを展開

世にない商品を生み出せる開発力を強みに
真の顧客ニーズにコミットした提案ができる

本山 玲さん

ドイツ証券株式会社 営業本部
ホールセール営業部 ディレクター

本山 玲さん

2003年に新卒入社し、地方金融法人営業部に配属。その後にホールセール営業部に異動する。現在は2児の母として家庭と両立しながら営業の第一線で活躍中

世界70カ国超、2853拠点を通して事業を展開するドイツ銀行グループ。顧客重視のユニバーサルバンクとして広範かつグローバルな金融サービスを提供している。日本国内において投資銀行業務を提供するドイツ証券で、入社から一貫して債券のセールスとして活躍しているのが、ホールセール営業部のディレクターである本山玲さんだ。
「銀行や生損保など、国内外の機関投資家の多様なニーズを理解し、売買提案を行うのが私たちの役割。お客さまとトレーダーをつなぐ架け橋として、幅広い投資家層に最適なソリューションを提供しています。特にデリバティブの分野で、長い歴史を有するドイツ銀行グループでは、さまざまな市場において高い評価をいただいています」
海外の金融専門誌“International Financing Review, IFR” からは直近発表の2013年まで3年連続でボンド・ハウス・オブ・ザ・イヤーを受賞、また"Risk"誌からは2014年まで2年連続でベスト・ヘッジファンド・デリバティブス・ハウスを獲得している。同社の商品組成力の強みは、セールス担当として大きなアドバンテージだ、と本山さんは語る。
「今年の1月にもお客さまのニーズに合わせ、まだ世の中にない商品を提案し、成約をいただきました。お客さまから評価をいただけたことはもちろん、トレーダーに対しても日本初の商品を扱う機会を提供できたことは、嬉しかったですね。当社の強みであるテーラーメイドなソリューションを提供できた好例です」

国籍、性別を超えて
活躍できるフィールド

多様な個性を尊重する企業文化を持つ同社では、家庭を持ちながら第一線で働く女性が多いという。本山さん自身、2児の母親でありながら、ディレクターとして活躍している。
「一般的に職場復帰後の働き方が制限されたり、変更せざるを得ないケースが多い中で、2回も産休を取りながら、配属も役職も変わらず復帰できたことは本当に恵まれていると感じています」
同社ではほとんどの女性が産休取得後も、同じポジションで復帰を果たしているという。
「昨今、女性の働き方をサポートする制度を整えている企業は少なくありません。しかし、何より重要なのは同僚や上司など、周囲の理解です。『仕事だけではなく、妻としても母としても幸せを掴んでほしい』という当時の上司の言葉は心強かったですね」
そんな同社のカルチャーを肌で感じられるのがインターンシップだ。
「講義形式ではなく、実際にマーケットが動いている最中のトレーディング・フロアで、ダイナミックな金融商品の取引を体感することができます。リアルな金融業界を肌で感じていただきたいですね」

当社で磨けるプロフェッショナルスキル

この仕事にはどんなスキルが必要?

国内だけではなく海外のトレーダーとの折衝も多いため、文化の違いを汲み取りながらのコミュニケーションが大事。フレキシブルな交渉力が必要です

そのスキルはどうやって磨く?

1年目の夏頃に各国の新卒が一堂に会するトレーニングをロンドンで行っています。各国の同期とかかわることで、グローバルで活躍するために必要なスキルを学べます

当社で磨けるプロフェッショナルスキル

昨年のインターンシップの様子。グループワークを通して同社の仕事をリアルに感じることができる

記事一覧へ戻る

ピックアップ企業

・このページをシェアする

LINEで送る
googleplus
PAGE TOP