インタビュー

2016.05.30. UPDATE

経営共創基盤(IGPI)

長期的・持続的な企業価値・事業価値向上のプラットフォームとして、さまざまなクライアントニーズに応じたオーダーメイド型の経営支援を行うプロフェッショナルファーム

難しい議論に刺激されながら
社員のフランクな人柄に触れる

馬慕欣さん

アソシエイト

馬慕欣さん ()

学生へのアドバイス
学生目線では見ることができないビジネスの本質を知る良い機会となるのがインターンシップです。参加して将来の進路が決定しました。「本当に望んでいる仕事なのか」という自分自身の本音と向き合えますが、そのためにはしっかりと自分をさらけ出すことが必要です。背伸びせずに素直な気持ちで課題に取り組んでみてください

経営共創基盤は、事業戦略立案やM&A支援などに加え、実経営に深く関与するハンズオン(常駐協業)型のコンサルティングに強みを持つプロフェッショナルファームだ。冨山和彦CEOは、カネボウ、ダイエー、JALなどの再建をはじめ日本経済に大きな影響力を持つ数々のプロジェクトに参加し、その名を知られている。
そんな同社が毎年開催しているのが、実案件をベースにした経営課題をテーマに、課題解決の提案をするインターンシップだ。「経営のリアリティ」をコンセプトに、4日間で行われる同社のインターンシップでは、事業・財務・組織が連動した課題を考え抜くことが求められ、最終日には冨山氏へのプレゼンテーションも用意されている。2年前に入社した馬慕欣さんも、同社のインターンシップを経験し入社した一人だ。
「インターンシップへの参加を検討し始めた時から、経営には興味を持っていました。『少しでも早く経営人材となるためには?』と考え、ITベンチャーや外資系大手コンサルティングファームのインターンシップに参加。各社で経験したのは、新規事業の立案や課題解決策の提案、そして経営層へのプレゼンテーションでした。課題解決という点では当社も似た内容に聞こえるかもしれませんが、参加した際の充実感には圧倒的な差を感じました」
馬さんが参加した同社のインターンシップで出された課題は、一定の資金の中での新規事業の立案。顧客目線に立った事業の立案はもちろん、財務面でのリスクや人材調達方法も考えるなど、事業会社の経営判断に必要な要素は全て検討することが求められた。

「実務」と「社風」を体感
外から見えない「本当」を知る

同社は、3〜4人一組のチームに対し2名のメンターを用意している他、メンター以外の社員も参加学生に興味を持ち気軽に声を掛けていくなど、全社を挙げてインターンシップに力を入れている。
「議論が煮詰まったときに新しい視点からのアドバイスをいただくこともあれば、『どんな感じ?』など、進み具合を気にしていただくこともありました。社員の方がフラッと立ち寄って気さくに声を掛けて下さったことは予想外で、印象も大きく変わりました」 
何とか絞り出した答えも、プレゼンテーションでは「理屈では分かるけど、リアリティがない」と、冨山氏に一蹴された。
「完璧だと思っていた提案も、社員の目には穴だらけ。プレゼンテーション後の質疑応答もタジタジでしたね(笑)」
馬さんは、同社のインターンシップに参加して社員のレベルの高さ、リアリティへのこだわりを実感した。一方で温かい社風を肌で感じることもできたという。同社にかかわらずインターンシップに参加しなければ見えない仕事や企業の内側。インターンシップへの参加は、自身が描く将来を目指すためには有効な手段となるだろう。

経営共創基盤(IGPI)

経営共創基盤(IGPI)

記事一覧へ戻る

ピックアップ企業

・このページをシェアする

LINEで送る
googleplus
PAGE TOP