• トップ
  • >
  • アビームコンサルティング株式会社

インタビュー

2016.05.30. UPDATE

アビームコンサルティング株式会社

目の当たりにしたプロとの“差”
生の臨場感が将来の決断を促した

横田 みなみさん

プロセス&テクノロジー
ビジネスユニット FMCセクター

横田 みなみさん ()

学生へのアドバイス
当社を含む2社のインターンシップを経験して実感しているのは「迷うなら行くべき」ということ。ネットなどの限られた情報だけで仕事の魅力を感じることは困難。その企業がファーストキャリアにふさわしいかの判断も同様。インターンシップを成長機会と捉え、経験したことの全てを持ち帰る姿勢でプロの熱量を体感してください

「コンサルティングファームと事業会社で将来の選択を迷っていた私を決断させたのはインターンシップでした」と、同社のインターンシップを経験した横田みなみさんは話す。
クライアントの経営戦略の立案から実現までを一貫して支援する、グローバル総合コンサルティングファームの同社。毎年行われるインターンシップの最大の特徴は、実務に即したプログラムが用意されていることだ。コンサルタントに求められるロジカルシンキングや問題解決、ファシリテーションなどのスキルを実践的に習得できる。
「アルバイトを通じサービス業の面白さを実感した私は、コンサルティングこそ最上級のクライアントサービスだと考え、その仕事に引かれました」
同社のインターンシップで横田さんが取り組んだのは、地域復興とビジネスを融合させた新たなサービスを生み出すという課題だ。経験したことのないスピードでインプットとアウトプットを繰り返す5日間。市場調査・サービスの機能設計・収益モデルの確立など、一つのビジネスを形にする過程の中で挫折を味わったという。
「知識不足に加え、コンサルタントとの明確なレベルの差を目の当たりにし、参加前に持っていた自信はあっけなく失われました。正直、このままではまずいと思いましたね」

「挑戦」と「発見」の5日間
ようやく見えた本当の価値観

力の差を感じながらも、横田さんは前のめりな姿勢で臨み続けた。コンサルタントと本音でぶつかり合い、情熱を絶やさなかった背景には「受け身にならず全てを吸収する」という決意があった。
「課題提出後のフィードバックでは、役員の方から辛辣な指摘をもらいました。『学生だから』という妥協が一切ないその指摘を受けて、プロの厳しさを痛感しました。しかし、本気でぶつかってくれたからこそ、課題解決へ向かう姿勢や思考、この仕事の醍醐味を体感できたと思います。同時に早くそのレベルに到達したいという意欲と挑戦心が芽生えた瞬間でした」
当時コンサルティングファームと事業会社で迷っていた横田さんだが、この経験でコンサルタントの仕事の本質・面白さを実感。そこで初めて仕事に求める自身のやりがいや価値観を認識し、同社を第一志望にすることを決意した。
「実務と遜色ない経験ができたことに加え、コンサルタントとの関わりを通して、リアルなカルチャーを感じられました。インターンシップに参加しなければコンサルティングファームを就職先として選んでいなかったかもしれません。当社のインターンシップは、私の人生において一つの大きなターニングポイントになりました」
コンサルタントとしてのキャリアを選択した横田さんのように、インターンシップでの経験が、就職という人生の決断に影響を与えるケースは少なくないだろう。

アビームコンサルティング株式会社

アビームコンサルティング株式会社

記事一覧へ戻る

ピックアップ企業

・このページをシェアする

LINEで送る
googleplus
PAGE TOP