インタビュー

2016.11.08. UPDATE

富士通株式会社

技術者に必要なのは、高い技術力だけではない
大きな成功に導くための視野が広がった

宮崎貴大さん

ネットワークサービス事業本部
社会基盤ネットワークソリューション部

宮崎貴大さん (31歳)

2008年に九州大学文学部を卒業。歴史漬けの学生時代を送っていたが、理系学部の友人の話で理系職種に興味を持つ。理系文系にかかわらずSEに育てるという富士通に引かれ、入社を決意。現在はネットワーク資格の最高位であるCCIEを取得し、部署の最前線で活躍中

「学生時代は文学部で中東の歴史研究に没頭し、IT知識はゼロ。そんな私を一人前のSEに育ててくれた富士通を選んだのは正解でした」
そう語るのは日本発のグローバルICT企業である富士通で活躍する宮崎貴大さんだ。入社後、基礎知識や技術を学ぶ実地研修、資格取得のための座学、各事業部で実務を学ぶOJTなど2年間の研修を受けた。そして宮崎さんが配属先に希望したのは、電力会社やサービスプロバイダーなど世の中にインフラを提供する顧客に対しネットワーク導入の提案から構築、運用保守を担う社会基盤ネットワークソリューション部だった。
「お客さまはネットワークのプロフェッショナル。ハイレベルな技術力が求められる環境に身を置くことで、自分のスキルを高められると思いました」
念願叶って宮崎さんはネットワークソリューションセンターに配属される。宮崎さんがSEとしての仕事に手応えを感じたのは、配属後すぐに任されたサービスプロバイダーの案件。社内ネットワークへの不法侵入を防ぐシステムのリプレイスだった。
「プロジェクトの難易度は高くはなかったものの、システム導入後に障害が発生。周囲は導入システムに問題があると断定しましたが、自分が納得するまで追究しないと気が済まない性格も相まって、問題解析を続行。その結果、顧客側のシステムに問題があることを発見しました。顧客には『富士通には良いSEがいる』と認められ、技術者としての自信が付きました」

視野が広がった
大規模プロジェクト

社内外ともにプレゼンスを発揮し始めた宮崎さんにとって、3年目の終わりに任されたプロジェクトが一つの転機となった。大手通信サービスプロバイダーに新しいネットワークを構築する、約30億円規模のビッグプロジェクトのリーダーに抜てきされたのだ。最適なシステムを提供するためには顧客の課題抽出が必要。宮崎さんは検討を重ね、課題解決を実現するためにシステムが備えるべき要件を定義し、顧客に提案した。
「競合他社との競争の末に採用されたのは富士通の提案。コア機能には私の設計案が採用され、まだ世の中にない機能を生み出せることに胸が躍りました」
プロジェクトにかかわるのは営業やSEだけではなく、顧客の開発部門、社内のプロダクト部門・品質保証部門など。ステークホルダーが多いプロジェクト遂行は苦労の連続だったという。
「製品テストで問題が発生すればやり直し。自分一人で解決できる規模ではないため、関係部署への交渉やSEのモチベーションコントロールなど全体のパフォーマンスを上げるためのコミュニケーション方法に試行錯誤を繰り返しました」 
導入後、目標を遥かに上回る進捗でネットワーク回線の売上が伸び、大きな利益を生み出した。この経験を通して宮崎さんは大きな気付きを得たと話す。
「優秀な技術者がいても、実力を発揮できる環境がなければ意味がない。大きな成果を残すためにはマネジメントが非常に重要だということが分かりました」
技術者として視野を広げた宮崎さんは今後の目標をこう話す。
「一人前のSEを目指して入社しましたが、今はマネジメントの質を上げ、どんな案件も成功に導く技術者になりたいです」

私の未来像、ココが変わった!

案件を成功に導く
プロマネ

案件を成功に導く
プロマネ

ハイスキルを持つ
一人前の技術者

ハイスキルを持つ
一人前の技術者

理系の勉強をするために大学院に進む進路も考えたほど、SEへの興味関心は強かったです。だからこそ常に技術と向き合える環境で、ハイスキルな技術者になりたいと考えていました。経験を積んだ今思うことは、プロジェクトで大きな成果を残すためには、個々の力だけではなく、チーム全体がパフォーマンスを最大限に発揮することが大事だということ。技術力だけではなく、マネジメントスキルもSEにとって重要な要素だと気が付いた今は、マネジメントの質も向上させ、案件を成功に導くプロジェクトマネージャーになりたいです

記事一覧へ戻る

ピックアップ企業

・このページをシェアする

LINEで送る
googleplus
PAGE TOP