インタビュー

2015.05.28. UPDATE

楽天

Company Profile


「EC」「金融」「デジタルコンテンツ」の3つの事業をベースに広範なインターネットサービスをグローバルに展開。インターネット上の「楽天経済圏」の確立を目指す

常に高い目標に向き合うことで
より早い成長を実現できる

岡本吉加さん

グローバル人事部 採用推進課
新卒採用グループ

岡本吉加さん


2010年に同志社大学商学部を卒業。楽天に入社後は楽天市場事業に配属。2年間の新規開拓営業を経て、3年目にグローバル人事部に異動。大阪支社で西日本エリアの新卒採用を担当し、現在は東京本社で活躍中

日本最大級のインターネットショッピングモール『楽天市場』などのインターネットサービスをはじめ、『楽天カード』『楽天銀行』などの金融サービスや電子書籍・動画配信サービスを展開する楽天。『EC』『金融』『デジタルコンテンツ』といった主に3つのビジネスを柱に、40を超える広範なサービスを提供している。同社の強みは、世界でも類を見ない『楽天経済圏』という独自のビジネスモデルを持つこと。約1億人の楽天会員に対し、利便性が高くライフバリューを向上させるサービスを提供することで、顧客の流入拡大やサービスの利用を促している。
「世界一のインターネットサービス企業を目指す楽天は、グローバル展開にも注力しています」
そう話すのは同社のグローバル人事部で新卒採用を担当する岡本吉加さんだ。
「すでに世界各国で利用されている『楽天Kobo』や『Viki』に加え、米国でライドシェアサービスを提供する『Lyft』に出資するなど、楽天経済圏にシナジーを生み出すサービスを世界で拡大しています」
楽天が基本理念としているのは人々と社会をエンパワーメントすること。ユーザーや取引先も含め、多くの人々に成長の機会を与え、社会を変革し、豊かにできるサービスの創出がミッションなのだ。それを実現できる人材について岡本さんはこう語る。
「楽天では多くの新規事業が立ち上がっていますが、大事なのは世の中の課題に目を向けて、それを改善するためのサービスは何かを考え抜き、実現させること。楽天が求めているのは、エンパワーメントというミッションを実現させるためにアントレプレナーシップを発揮できる人材です」

“やり抜く”楽天人の仕事を
体感するインターンシップ

そんな人材が活躍するフィールドが、同社には数多くあると話す岡本さん。それは社員に対する育成の考え方にあるという。
「常に社員に与えられるのは、現状のレベルでは到底達成できない高いミッション。たとえ実現が困難だと感じたとしても、あらゆる手法を試しながら、何が何でも達成する『GET THINGS DONE』のマインドを持つことが社員には求められます。自ら考えた策に対し、トライアンドエラーを繰り返していくことで、イノベーションを生み、結果的に一人一人の早い成長が実現できると考えるからです」
夏に開催する予定のインターンシップでは、社員が持つコアコンピテンシーを体感できるプログラムを考案中。2014年ではグループワークを通して楽天のサービスに関連したビジネスプランを企画。その過程で、テクノロジー領域に精通した研究員や新規ビジネスの立ち上げを経験した社員など、楽天のコアビジネスを支える社員が直接レクチャーする時間を設けていたという。
「現場社員からはアイデアに対するフィードバックだけではなく、情報収集の仕方やロジックの立て方に対してもアドバイスしました。ビジネスの創出の過程を社員と共に体験してもらうことで、楽天ならではの仕事への熱意を体感して頂けたと思います」
「インターンシップではインターネット業界の面白さや楽天での仕事観を伝えたい」と語る岡本さん。楽天のサービスに興味がある学生からインターネット業界を知らない学生を含め、より多くの学生に参加してもらいたいと話す。
「業界についての知識が深まると同時に、楽天のリアルな側面を感じ新たな発見をして頂けると思います。その後の就職活動に影響を与えるきっかけが、楽天のインターンシップだと嬉しいですね」

インターン Information

17年卒の学生向けの
インターンシップ概要は?
昨年は楽天のサービスに関するビジネスの企画に取り組むグループワークを実施。2015年は14年のインターシップをもとに、ブラッシュアップした内容を企画中だ。開催時期は夏期を予定している。
参加するとどんなことを
体験できる?
インターネット業界についての知識や、ビジネスプランの立て方などが学べる。また、楽天で活躍する現場社員から直接レクチャーを受けられる機会が設けられているため、よりリアルな仕事を体感できる。

記事一覧へ戻る

ピックアップ企業

・このページをシェアする

LINEで送る
googleplus
PAGE TOP