• トップ
  • >
  • プライスウォーターハウスクーパース

インタビュー

2015.05.28. UPDATE

プライスウォーターハウスクーパース

Company Profile


世界157カ国にわたるグローバルネットワークを生かし、ディールアドバイザリー部門とコンサルティング部門が連携し、顧客企業にとって最適なソリューションを提供

自分に眠る素質を引き出す経験が
グローバルでの活躍を後押しする

市原一人氏

パートナー

市原一人氏


人事コンサルタントとして経験を積み、2003年、グローバルな規模感に引かれ、PwCの前身であるベリングポイントに入社。人事領域のコンサルティングを担当した後、内部統制からIFRSの導入など、幅広いコンサルテーションを手掛ける

世界157カ国758都市に、19万5千人以上のスタッフを有するPwC(プライスウォーターハウスクーパース)。PwCはM&A、事業再生、組織再編といったディールアドバイザリーからストラテジー、ITなどのコンサルティング、会計監査、税務まで、グローバルネットワークを活かした幅広いソリューションを提供しているが、近年特に注力しているのが日本企業のグローバル展開の支援だ。
「これまでもグローバルプロジェクトには力を注いでいましたが、ここ2〜3年、日本企業の海外進出やM&Aが積極化している背景もあり、日本企業のグローバル対応の支援は、全社を挙げて注力しているサービスです」
そう語るのは、パートナーの市原一人氏。市原氏によると、グローバルでの活躍が求められる同社のコンサルタントに必要な素養は、「自立心」と「チームワーク」であるという。
「よく、『リーダーシップを発揮できる人や、人前で物怖じせずに意見を言える人こそ、コンサルタントに向いている』と思われがちですが、必ずしもリーダータイプのみがコンサルタントとして活躍できるわけではありません。裏方に回ってもチームの軌道修正ができたり、細かいところに気づくことができる、という方もチームには必要です。チームワークを大切にしながら、プロフェッショナルとして自発的に学び、解決していこうという意思を持つ方こそ、グローバルファームの中核として活躍できる人材です」
どの仕事でも共通して必要となる能力ではあるが、多国籍な環境での仕事は、より高度なコミュニケーション力や自発性が求められる。同社には、海外にわたって経験を積める人事制度もあるが、チャンスをつかむために自ら行動できる人の前に道が開けるのがPwCである。

素質を掘り起こすために、
学生一人一人と向き合う

PwCでは、コンサルティングや会計監査の実務を疑似体験する中で、自立心やチームワーク、課題解決力を養うインターンシッププログラムを実施している。パートナーやディレクターを、ある会社のCEOやCFOと仮定し、インターン学生がPwCの社員という設定で、顧客の抱える課題に対して、チームで解決策の提案やコンサルテーションを行う、というプログラムだ。
「5~6名のチームを作り、それぞれのチームに若手社員がメンターとしてつきます。2日間かけて提案書を作り、最後に仮想のCEOやCFOに対してプレゼンをする、という流れなのですが、このプログラムのポイントは、プレゼン後のフィードバック。メンターが学生一人一人に30分程度の時間を取り、『コンサルタントを目指すなら、こういう視点でこんな考え方をした方が良い』『あなたはこういう素質を持っているから、こんなコンサルタント像を目指せる』など、自立心やチームワークといった観点からアドバイスを行います。プログラムを通して、メンターが一人一人の性格や素質を見極めるため、自分らしいコンサルタント像を見いだせる、ということで好評をいただいています」
グローバルファームでコンサルタントとしてキャリアを築いていく上で、自分に足りないところや伸びしろを学生時代に知っておくことにより、グローバルに活躍する人材として成長するための基礎を築くことができる。また、PwCでは学ぶ土壌や活躍できるフィールドは全員に平等に与えられるため、自らどん欲に取りにいけば、自分のキャリアに活かしていくことができる。インターンシップでの経験は、入社後の成長を促進してくれるはずだ。

インターン Information

17年卒の学生向けの
インターンシップ概要は?
監査の部門は半日、コンサルティングの部門は2日間のプログラムを実施予定。どちらも、実際のプロジェクトを疑似体験することで、よりリアルな仕事の現場を体感できるプログラムとなっている。
参加するとどんなことを
体験できる?
2日間のプログラムでは、仮想のCEOやCFOに対し、チーム体制でコンサルテーションを行う。プレゼン後、一人一人に丁寧なフィードバックを行うことで自分らしいコンサルタント像を見いだせると好評だ。

記事一覧へ戻る

ピックアップ企業

・このページをシェアする

LINEで送る
googleplus
PAGE TOP