• トップ
  • >
  • 日本ヒューレット・パッカード

インタビュー

2015.05.28. UPDATE

日本ヒューレット・パッカード

Company Profile


コンピューター、コンピューター周辺機器、ソフトウェア製品の開発・製造・輸入・販売・リース及びITコンサルティングサービスの提供

自ら描いたキャリアビジョンを
自分の意志で実現できる

坪根雅史氏

ストラテジック・キャリア本部
リクルーティングコンサルタント

坪根雅史氏


2006年に立教大学経済学部を卒業。約8年間のセールススペシャリストを経て、社内公募制度を利用し人事部に異動。新卒採用を担当する。現在、仕事と並行してMBA取得のために早稲田大学大学院に通学中

世界有数のグローバルテクノロジーカンパニーとして、社員33万人を擁し、世界170カ国以上で事業を展開するヒューレット・パッカード。幅広いポートフォリオを全世界に提供している。
「現在HPが目指しているのは『New Style of IT』の戦略に基づいたクラウド・セキュリティ・ビッグデータ・モビリティの4つの分野を柱にしたサービスで顧客に貢献することです」
そう語るのは人事総括本部で新卒採用を担当する坪根雅史氏だ。
「PCやプリンタなどのコンシューマ向けにハードウェア製品を提供するBtoCビジネスのイメージが強いHPですが、ITに関する課題を包括的に解決するためにはソフトウェアやITコンサルティングサービスを提供するBtoBビジネスの更なる強化が欠かせません。ハードウェア製品の提供はその一つの手段であり、全体を俯瞰した視点での提案が現在のHPには求められています」
多岐にわたる事業を展開する同社だから実現できる『New Style of IT』という戦略。その前線で活躍するためには多くの人を巻き込む力が不可欠だと坪根氏は話す。
「顧客のニーズに応えるためには、HPのリソースをフルに使うことが必要。そのため、各部署を横断した多くのプロジェクトチームが発生します。どの部署のノウハウやサービスが必要なのか、どんな人材をアサインすればいいかなどは全て本人次第。一人一人に大きな裁量が与えられています」
そんな同社のスタンスは『HP way』という企業理念に基づいている。会社は社員の働きやすい環境を整備し、社員は会社の信頼に応え責任を持って会社に貢献するという相互の「尊敬と信頼」を表す考え方だ。
「HPで活躍するのは『HP way』に基づいたオープンで自由な企業文化を最大限活かせる人材です。固定概念にとらわれず、常に新しいことに挑めるフィールドが、社員の成長を実現させています」

キャリアを真剣に考え、
実現できる環境を選ぶ大切さ

『HP way』の企業理念のもと社員一人一人の多様性を尊重する同社。社員が常にやりがいと誇りを感じられる仕事環境を作るために、自らキャリア形成を考え、スキル向上に励む社員にキャリアチェンジの機会を与える仕組みを導入している。そんなHPのキャリアの考え方は、"Career is employee owned""Manager suppots""HP Enables"。会社やマネージャーには社員(部下)のキャリアの実現をサポートする義務があり、拒否権が存在しない。これは非常にユニークな考え方である。通常であれば即戦力の部下が異動することはチームにとっては短期的にはマイナスにつながる。しかし、社員の成長、そしてエンゲージメント・モチベーションの向上のためには社員自身が考えたキャリアを実現してもらうことがとても重要だと同社は考える。
「HPでは社内公募制度を利用して、グローバルで年間5万5千人の社員がキャリアチェンジをしています。もともとセールスだった私もその一人。自分が必要だと思うタイミングで、キャリアチェンジを実現できる仕組みが整っていることが、HPの魅力だと思います」
今年予定しているインターンシップはまさにそんな同社のキャリアについての考え方を体現したプログラム。
「キャリアとは何か、それをどう実現していくことが望ましいかをプロのキャリアカウンセラーと共に考えていただきます。自らのキャリアを明確にすることで、本当に自分が働くべき場所が見つかるはずです」
自己分析にもつながる同社のインターンシップを今後の就職活動に役立ててほしいと話す坪根氏。
「インターンシップが活躍の場を見つけるきっかけになれば光栄ですね」

インターン Information

17年卒の学生向けの
インターンシップ概要は?
キャリアビジョンを考えるキャリアワークショップを実施予定。キャリアカウンセラーがファシリテーターとなり、現場の社員も同席し、参加する学生にアドバイスを行う。その他にもオフィスツアーを企画中。
参加するとどんなことを
体験できる?
就職活動には欠かせない自己分析に対し、プロの目線からフィードバックをもらえる。また、自分が望むキャリアが明確になるため、将来が定まっていない学生にとっては就職活動の軸を定めることができる。

記事一覧へ戻る

ピックアップ企業

・このページをシェアする

LINEで送る
googleplus
PAGE TOP