インタビュー

2014.12.01. UPDATE

株式会社NTTデータ

課題に向き合い次のステージを自ら切り開く
それがサービスを成功させるための必要条件

東谷昇平さん

ビジネスソリューション事業本部
データセンタ事業部
営業統括部 営業担当 課長

東谷昇平さん 38歳

法政大学工学研究科を2002年に卒業後、新卒入社。製品・サービスが生まれ販売されるまでの全てのサイクルを学びたいという強い思いを胸に、これまでシステム構築、商品企画、事業立ち上げを経験。現在は、営業担当としてチームマネージャーを務める

マーケティング・企画に基づきサービスがつくられ、セールスを通じ顧客の手に届くまで。そのプロセスを知りたいという好奇心が原動力だと語る東谷昇平さん。就職活動での選択肢として、数々のITサービスで市場をリードしてきたNTTデータを選んだのは自然な流れだった。システム開発、マーケティング・企画、そして事業立ち上げ、さらには営業。ユニークかつ多岐にわたるキャリアはいかにしてつくられたのか。
「最初に配属されたセキュリティ事業部ではシステムの構築から運用までを経験しました。プロジェクトリーダーも担当し、モノづくりの基礎も学んだ、さて次のステージだ。そう考え部署異動を志望しました」
5年の開発経験をひっさげ、意気揚々と企画セクションの門を叩いた東谷さんだが、そこは技術畑とは全くの別世界だった。
「議事録もまともに書けない。先輩やお客さまの発言の意味さえ分からないという未熟さでした。それから会議の内容は全て録音し、不明点は先輩をつかまえて質問攻め。スクールに通い、社内外の交流会に参加。とにかく自分の価値を意識しました」
ミッションに徹底的に向き合い、自分が成すべきことを考え実行し続ける。そこで培われたプロフェッショナル意識は、東谷さんを次のステージに誘った。

顧客の事業の成功に向け
最後までやり抜く意志

2008年に、東谷さんは次世代IT基盤推進室に配属される。当時としては類を見ない、仮想化技術を活用したデータセンタの立ち上げに抜てきされたのだ。
「クラウドという言葉が影も形もなかった時代。50億円の事業を成功させるためには『仮想化』の考え方や利用メリット、安全性について、お客さまだけでなく、営業、開発、運用など全てのメンバーが腹落ちしていなければなりませんでした」
価値のあるサービスを生み出すには、顧客視点に立ち、ニーズと真摯に向き合う必要がある。机上の空論で終えるのではなく、現場で顧客の声を拾うかたわら、企画・営業・技術、全てのスタッフとさらに喧々諤々の議論を交わしたという。メンバーの立場を経験した自分にしかできないことがある、そう信じて模索する日々が続いた。一つの転機となったのは、10年に営業に異動して出会ったある顧客だ。
「事業モデルや原価をつぶさにヒアリングし3社のコンペを経て、見事受注。データセンタ稼動後には費用対効果の最大化を実現することができ、『東谷さんのおかげで利益が上がったよ』と賛辞を頂きました。サービスを提供することでお客さまのビジネスに貢献する、これが自分が求めていた『価値』かと膝を打つ思いでした」
現在、東谷さんは営業チームのマネージャーとして組織運営に奔走している。
「当社の課題はグローバルでのシェア拡大。そのためには全社一丸となって戦わなければなりません。優秀な人財が集まる当社だからこそ、部署を越えた横の仕組みを整えたいですね。まずは自分のミッションである、営業組織の強化を必ず成功させます。『目の前の仕事に意志と情熱を持って最後までやり抜く、その先に新たな道が開ける』それがビジネスにも自分のキャリアメイクにもつながる真理だと信じています」

学生時代の自分へ

自分の意志次第で
環境は変えられる

自分の意志次第で
環境は変えられる

大企業に入ってしまうと、自分が本当にやりたいことができないのではないか?入社する前の東谷さんはそんな不安を抱いていたという。
「それは杞憂に終わりました。自分の働きかけ方次第で、部署異動など、仕事のフィールドはいくらでも変えられるからです。もちろんそのためには社会人としての足腰を鍛える必要があります」
無益な仕事だと嘆くのではなく、真摯に取り組みまずは結果を出す。意志を持って自らのキャリアを開拓してきた東谷さんらしい言葉だ。

記事一覧へ戻る

ピックアップ企業

・このページをシェアする

LINEで送る
googleplus
PAGE TOP