• トップ
  • >
  • EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社

インタビュー

2014.12.01. UPDATE

EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社

クライアントの成長の一翼を担う責任を胸に
金融・エネルギー分野のスペシャリストへ

エンクバータル ボロルさん

シニアコンサルタント

エンクバータル ボロルさん 32歳

モンゴル国立大学在学中の2002年に留学生として大阪外国語大学(現 大阪大学)に入学。卒業後、一橋大学へ進学し、修士課程を含め6年間経済学を学ぶ。外資系IT企業と国内大手シンクタンクを経て、14年にEYアドバイザリーに入社。2児の母として家庭と仕事を両立している

監査、税務、トランザクション、アドバイザリーなどの分野において世界的なリーダーであるEY。そのメンバーファームであるEYアドバイザリーは、経営戦略の策定、業務・組織改革、日本企業の海外進出など、経営課題を解決に導くアドバイザリー・サービスを行っている。洗練されたサービスと、市場環境や業種、業務に精通したスペシャリストが集う同社で、シニアコンサルタントとして活躍しているのがエンクバータル ボロルさんだ。
「企業がどのような判断基準で意思決定し、それがどう成長につながるのかというプロセスに興味を持ったことが、コンサルタントを目指したきっかけです」
自身のキャリアをそう振り返るボロルさんは、外資系IT企業でエンジニア、国内大手シンクタンクでコンサルタント業務を経験し、同社に入社。現在は大手電機メーカーの海外進出支援プロジェクトに参画している。
「新興国ではどのようなニーズがあり、そのニーズに合致するソリューションや製品は何か。そして、いかにして現地で展開すべきかといった、事業戦略を立案することがミッションです」
同社への依頼の中には、クライアントの今後の事業戦略、さらには会社そのものの盛衰にかかわる影響範囲の大きなプロジェクトも少なくない。
「クライアントと話をするときは、私が会社を代表しているという責任を常に感じています。曖昧な答えではなく、根拠を明確に示した上で考えを述べる。それが、クライアントの将来を託された私たちコンサルタントの責任だと考えています」

任されて初めて気付いた
当事者意識の重要性

強いコミットメントと責任感を持ち、クライアントに真摯に向き合うボロルさんだが、そうした責任感が生まれた背景には、一つの失敗があった。
「これまでの会議はマネージャー主導で行われていましたが、新興国の企業エグゼクティブとの会議では、私がその仕切りを一任されました。しかし、結果は目的を十分に満たす会議とはなりませんでした。自分が主導するプロジェクトだという意識の欠如による事前準備の甘さが原因でした。時間を調整してもらい、再度会議の場を設け、事なきを得ましたが、非常に悔しい経験でした」
ボロルさんは当時を振り返り、この失敗はマインドと行動を大きく変えるターニングポイントだったと語る。
「オーナーシップを持ち、主体的に先回りして行動するようになれただけでなく、コンサルタントとして、それまでよりも一つ高い視点で物事をとらえられるようになったと思います」
こうした変化とグローバルレベルのコミュニケーション能力を発揮して、ボロルさんは海外の現地政府キーパーソンとの新たなコネクションを構築。それにより、同社にビジネスチャンスをもたらし、社内から高い評価を得ているボロルさんは、将来のキャリアを次のように語る。
「誰に対しても、常に期待以上の価値を提供していきたい。そのためには、当事者意識を持ち、業界に精通することで可能になるプロフェッショナルとしての行動力が必要です。だからこそ、今後は業界に精通する努力を続け、興味のある金融とエネルギーの分野を極め、スペシャリストとして活躍したいですね」

学生時代の自分へ

キャリアは変更可能
勇気を持って進め

キャリアは変更可能
勇気を持って進め

就職先を決めてしまったら、将来も最初に選択した分野でのキャリアを歩み続けなければならないのではと不安があったが、悩む必要はなかったとボロルさんは話す。
「ずっと同じキャリアを歩み続ける必要なんてないので、勇気を持って挑戦してほしい。私はエンジニアからスタートしましたが、キャリアチェンジできています。新たな視点や価値観から志望する分野が変わっても、経験したことは最終的に全部つながってくる。だから目の前のことに集中して、怖がる必要なんて全くないんです」

記事一覧へ戻る

ピックアップ企業

・このページをシェアする

LINEで送る
googleplus
PAGE TOP