インタビュー

2014.12.01. UPDATE

株式会社あおぞら銀行

自らの意志と行動でキャリアを築き上げ
高い専門性を持つプロフェッショナルを目指す

尾張未奈さん

事業ファイナンス部
アソシエイト

尾張未奈さん 26歳

2011年に東北大学法学部を卒業。「専門知識が身に付く環境」を軸に就職活動を始め、弁護士を目指すものの、社会経験を積める金融業界を選択。専門性の高い分野に若手のうちから携われるあおぞら銀行に魅力を感じ、入社する。現在はM&Aファイナンスの領域で活躍中

「若手のうちから専門性の高い分野に携われることが魅力的でした」あおぞら銀行への入社理由をそう語るのは尾張未奈さんだ。先進的で専門性の高い金融サービスを提供する同社は、不動産ファイナンスや事業再生ビジネス、LBOファイナンス等のストラクチャードファイナンスに強みを持つ。入社後、尾張さんが携わったのは大企業の融資業務。法人営業専門の関西支店に配属された尾張さんは「成果を出したいという思いと実力との乖離にもどかしさを感じていた」と当時を振り返る。
「財務分析や事業の将来性分析等の専門能力に加え、お客様との交渉力も求められる中、圧倒的に知識と経験が不足している状況でした。入社1年目とはいえ、戦力になっていないことに歯がゆさを感じましたね」
現状を打開すべく尾張さんがとった行動は、とにかくさまざまな案件に携わり経験値を増やすことだった。積極的に先輩の案件に同行し、足りない知識を徹底的に吸収した。ある程度知識が身に付いたタイミングでは、難解な融資案件を上司に直談判し、担当になることを志願。毎日トライアンドエラーを繰り返しながら、尾張さんは着実に経験値を高めていった。
こうした尾張さんの努力が報われ、確かな自信につながるきっかけとなった案件がある。同社と長い付き合いのある大手メーカーの担当に抜てきされたのだ。前任は10年のキャリアを持つ大先輩。豊富な知識と経験が求められる案件を入社3年目にして任されたのだ。
「会社にとって重要なクライアントの担当に選ばれたことで、一人前の営業として認められたのだと実感しました。現状の自分に足りないものを補うために、努力をし続ける。この私の強みはどんな環境においても生かせると思っています」

経験値を努力でカバーし
理想のキャリアを築く

融資業務の専門性を着実に身に付けてきた尾張さんは、4年目で東京本社へ異動。現在、企業やファンド等による企業買収の資金調達手段であるM&Aファイナンスを手掛ける。高度な専門性を要するこの領域に携わるには会計や融資、法律など多岐にわたる知識と経験が求められる。尾張さんは入社前に思い描いていた理想のキャリアを体現しているのだ。
「M&Aファイナンスには企業価値の評価のために膨大な分析が必要です。コンサルタント、会計士、弁護士など多くの専門家に協力を得ながらビジネスの健全性・案件の適法性を判断するため、日々接するのは豊富な専門知識を持つ方ばかり。知識が不十分な自分自身に、力不足を実感することもありますが、入社数年でプロフェッショナルな方々と仕事ができる環境に、大きなやりがいを感じています」
キャリアの実現のために苦労を厭わない尾張さん。現状を的確に把握し、目標を掲げ、実現のために努力をし続けるスタンスは今も変わらない。現在は更なるステップアップに向けて会計士の資格取得を目指している。
「私の目標は社会に必要とされる人材になること。そのために入社当時から多くの専門知識を身に付けてきました。それが実現できたのも若手のうちから学ぶ機会を与えてくれた環境があったからこそ。今後はこれまで培ってきた専門性を糧に新たな価値を生み出したいですね」

学生時代の自分へ

会社選びは
直感を大事に

会社選びは
直感を大事に

あおぞら銀行以外にもメガバンクを含めた数社からオファーがあったという尾張さん。「専門性を高められる環境」という軸はあったものの、「本当にこの会社に入社を決めていいのだろうか?」という迷いは残っていたという。
「メガバンクを勧める人も周りには少なくありませんでした。でもあおぞら銀行の社員の人柄や、少数精鋭で若手に挑戦させてくれる社風も含めて、なんとなく自分に合っていると思っていたんです。今すごく幸せに働けているのは直感が正しかったからですね」

記事一覧へ戻る

ピックアップ企業

・このページをシェアする

LINEで送る
googleplus
PAGE TOP