• トップ
  • >
  • デロイト トーマツ コンサルティング

インタビュー

UPDATE 2016.11.8

生え抜き執行役員が語る コンサル業界で働く価値

執行役員 パートナー 藤井 剛氏

CSV(共有価値の創造)経営の第一人者として、経営戦略、ビジネスモデル改革、新事業創造、組織改革プロジェクトなどをリード。食糧問題や水、ヘルスケアなどの社会課題起点のイノベーションプロジェクトも国内・海外で手掛ける

これまで、第一線で働いている3名の現役コンサルタントたちに、「入社前後のギャップ」について聞いてきた。では、経営層はどのように感じているのだろうか。デロイト トーマツ コンサルティングに新卒で入社し、現在は執行役員として活躍している藤井剛氏に、学生時代にコンサルティング業界に抱いていたイメージと、入社後の印象について聞いてみた。

“コンサルタントへのイメージ”、
入社して一番違うと感じたのは?

「ロジカルシンキング」に加え、
共感を呼ぶためのクリエーティビティー
が大切ということ

「ロジカルシンキング」
に加え、共感を呼ぶための
クリエーティビティー
が大切ということ


 私は学生時代、理系の大学院に進み、研究に没頭していました。そのため、数値を解析して答えを導き出すことや、論理的に物事を判断することには一定の自信がありました。コンサルティング業界に抱いていたイメージは「ロジックツリーを使って、論理的に課題を解決していく仕事」。それゆえ、この業界で自分の能力を試したいと思いデロイト トーマツコンサルティングに入社。しかし、ロジカルシンキングや数値の分析は業務の基礎に過ぎませんでした。優秀なコンサルタントが提案するプランは、クライアントから共感を呼ぶ力が圧倒的に高かったのです。

とりあえずコンサルタント、ではもったいない。
自分の目的のためにコンサルティング会社という
“場”を使え

 現在、執行役員として若手を育成する立場でもある藤井剛氏。彼が大学院終了後の進路としてコンサルティング業界を選んだのは、自身の強みが活かせそうと考えたからだ。入社前後で、藤井氏がもっとも大きなギャップを感じたのが「ロジカルシンキングが全てではない」という価値観。数値を分析することから発想したり、ロジックに沿って物事を考えたりすることは当然重要だった。しかし、自身が目標とする先輩はロジックのみでは到達し得ない「プラスα」を持っていたと言う。

「プロジェクトを進めている途中、まさにここしかないというタイミングでクライアントが欲しがっているそのものズバリのプランをすっと提案するんですよね。これこそがコンサルタントの発想力、コミュニケーション力なんだなと思いました」

仕事が“自分ごと”になった時
アウトプットに変化が

 入社から1年半、藤井氏は尊敬する先輩と自身が提示するアウトプットに埋め難い差があることに悩んでいた時期があった。

「時間をかけ、考えに考え抜いて出している私のプランが、先輩のごく短期間で出して来るプランに歯が立たない。この差は一体何なのかと悩んだ時期がありました」

 そんな彼がブレークスルーを経験したのは、入社2年目の秋に担当した、電力会社向けのプロジェクトだった。

「かなり専門的な内容で、社内に詳しい人が一人もいなかった。そこで『ここで徹底的に勉強して自分が第一人者になろう!』って思ったんです。そんな姿勢になったのは初めてでした」

 先輩に比べて“イマイチ”だったアウトプットやプランが自分でも納得できるものへと変わり、上司や先輩、クライアントからも高く評価されるようになったのだという。

「単なる業務としてではなく、自分が取り組むべきアジェンダとして捉えたことで、それまで未熟ながらもコツコツ蓄えてきていた業務経験が活かせるようになったんですよね。それらをつかんでからは、意欲や熱意が空回りせずに仕事に反映できるようになりました」

コンサル業界にも大きな変化が
実のある企業が生き残る

 藤井氏が入社した当時のコンサルティング業界には、戦略の提示だけで、成果が出なくても責任を負わないというマイナスイメージもあった。

「確かに大学時代の友人に会うと面と向かって言われたりもしました。ただ実際に働いている中でそんなことを感じたことは一度もない。自分の成長とともに組織も拡大し、いまやデロイト トーマツ コンサルティングが社会に対してアジェンダを提示し、課題解決をリードする立場になってきたという手応えがあります」

 藤井氏は、コンサルティング業界は今後、淘汰・変化の時代に向かうと分析する。

「グローバルな構造変化やデジタル技術の浸透などが進む中で、クライアントの課題は従来型のアプローチでは手に負えないものになっています。分野や業界、国境さえ越えたネットワークを十二分に活用できる、先見力と実行力のあるコンサルティング会社だけが今後、サバイブしていくのではないでしょうか」

 藤井氏が今求める次代の若手コンサル像は明快だ。

「若い人たちは、コンサルタントになれば何者かになれると思いがち。それは逆で、自分が設定したゴールを目指すためにコンサルティング会社を利用して成長するという意識を持ってほしいですね」

前へ

インタビュー 一覧へ戻る

ピックアップ企業

・このページをシェアする

LINEで送る
googleplus
PAGE TOP